今月の男女共同参画

今宿タイムズ

 

 ■今月の男女共同参画

 「元始(げんし)、女性は実に太陽であった。真正(しんせい)の人であった。今、女性は月である。他の光に依(よ)って輝く、病人のような蒼白(あおじろ)い顔の月である。(中略)私共は隠されて仕舞った我が太陽を今や取り戻さねばならぬ。(続く)」

母 100年前、平塚らいてうが「青踏」という初めての女性雑誌でこう宣言したんだよ。

娘 知ってるよ。でも、難しくってよくわかんない。

   そういえば、日本の女性は大学に行ったり、留学したり、能力はすごいんだけど、それを発揮する機会が十分じゃなくって、「世界一もったいない」って言われているんだって。

母 そういう意味では100年たっても、月だね。

娘 でも、太陽のよるに輝いて生きるのは難しいよぉ。

母 がんばってるじゃない。このまま、自分を信じて進んでほしいな。

玄洋校区では共に輝く未来を目指して、男女共同参画を進める取り組みを行っています。

*ご意見ご感想をお寄せください。

—————————————————-

★今宿タイムズ記事一覧平成25年(2013年)5月1日 第368号
新設 小学校について 市教委の説明会
玄洋中・今宿小・玄洋小で入学式
発展期成役員会
笑顔満開の「玄洋校区各種団体交流会」
福岡市スポーツ協会 表彰式
うわごと
栞シリーズ 歴史のまち今宿6
先生たちの異動
上町「鬼すべ」が福岡市無形民俗文化財に指定される
食と農を次世代へ つなぐ架け橋に
わが町にこんな人
今月の男女共同参画
健康コーナー 足・爪のトラブル
コーヒーブレイク
今宿商協新入会紹介
今宿五行歌会(春)
ご芳志の御礼


Comments are closed