玄洋句会 正月

今宿タイムズ

■玄洋句会 正月

富士の絵の孫の年賀状一等賞 原井みえこ
お炬燵で話しませんか昭和のこと

初乗りの福吉駅を発車して 諸岡 純子
暁闇の玉砂利を踏む淑気かな

先人の知恵や初湯の薬袋 石井 靖子
初鶏の喉突き上げて一声す

桜門の宸必燦と初詣 遠入 英子
庭うちの恵みも加へ七日粥

心身をリセットなして初暦 荻野 春子
添え書きに会ひたさつのる年賀状

心こめ頁を埋める初日記 新藤 房江
快方へ向くと友より初電話

午年の元旦は陽も差して、おだやかなスタートとなりました。「初暦知らぬ月日の美しく」吉屋信子さんの句ですが、希望の持てる明るい日々が連なりますよう願わずにはいられません。

(春)

 ―――――――――――――――――――

■平成26年(2014年)2月1日 第377号

初日の出のように展望が明るい「今宿地区新春のつどい」
井出の口ふみきりの拡幅 今宿校区自治協議会
今宿子育てサロンぴよぴよ「お楽しみ会」
玄洋校区社会福祉協議会「歳末ふれあい事業」
地域育成講座「しめ縄作り」
今宿校区社会福祉協議会 ふれあいネットワーク福祉研修
今月の男女共同参画
うわごと
新春座談会 地域と子どもと小学校
コーヒーブレイク
[投稿]ねんりんピックよさこい高知2013 期間/2013年10月25日~29日に参加して
玄洋句会 正月
ご芳志の御礼


Comments are closed