コーヒーブレイク

コーヒーブレイク

コーヒーブレイク

■コーヒーブレイク

「くじ運」

 長かった冬も終わり、春の足音が聞こえてきた。ときおり感じる風にふっと春を感じることがある。もうすぐ1年で1番気持ちのよい季節がやってくる。私の大好きな桜の花の開花まであと1ヶ月。待ち遠しい。

 でも子ども達が学生の頃は、入学や進級、それから受験と春は何かと慌しい季節だった。新学期の最初にあるクラス委員決めは毎年私の頭を悩ませたものだ。

 何しろ、私はくじ運が悪い。委員のなり手がなくてくじになると必ずといってもいいほど当たりくじを引いた。宝くじなら大喜びするところだが、学校の委員はそんなに喜べない。以前に住んでいた団地では、町内会長のくじを私が引き当て、主人が1年間町内会長をするはめになった。400分の1という確率に見事?当たったのだ。まだ、団地に引越ししてきたばかりだった。

 くじ運の悪い私だが、案外くじ引きは大好きで、正月の十日恵比寿神社の福引きも毎年欠かさない。小額だが、宝くじも必ず買っている。買うときのあのわくわくした感じが何故か子どもの頃から好きなのだ。思えば私の亡くなった父もくじ引きが好きだった。亡くなった時に宝くじナンバーズを解約に行ったら、既に購入している宝くじが当たった時の相続人を指定してくださいと言われて驚いた。晩年、体が悪くお気に入りの宝くじ売り場に行けない父にとって、宝くじナンバーズは楽しみのひとつだったようだ。

 そんなくじ好きのDNAは父から私、そして息子へと引き継がれた。幼い頃の息子はともかくガチャガチャが大好きで、その光景を見る度に「父に似てる」と思ったものだ。

 先日、普通はメールばかりでめったに電話して来ない娘からの電話が鳴った。嫌な予感に電話に出ると沈んだ声で、大学の卒業式で在校生代表になり、送辞を読むことになったという。娘曰く、「くじ引きで当たったんだよ、運が悪い~」

 私は「くじ運の悪いのは私に似たんだね」と思わずつぶやいた。くじ運の悪さは娘に受け継がれたようだ。
(T)

 
———————————————

■平成26年(2014年)3月1日 第378号
土砂災害警戒区域等の指定に関する説明会
今宿校区で初の防災避難所訓練 8町内会から274人が参加
雲仙復興事業に学ぶ福岡市西部6校区会長研修会
西都1、2丁目の自治会設立に向けた意見交換会
思いやりの心が510件 玄洋校区人権カレンダーできる
第2回 今宿姪浜線乗合いバス連絡協議会
うわごと
横浜「どんど焼き」(ほうげんぎょう)
横浜祇園神社で「節分」祭り
[投稿]東北、被災地から
今宿校区 ふれあい餅つき大会
玄洋校区 三世帯餅つき大会
わが町にこんな人 福岡舞鶴高校・誠和中学の教諭 國友秀三さん(50歳・駅前)
玄洋校区 準優勝 西区インディアカ大会混合決勝戦
今宿子ども囲碁ニュース
今月の男女共同参画
プロバスケットボールの応援
すずめがすずなり
[投稿]今宿の「良いところ」再・発・見?
コーヒーブレイク
今宿五行歌会(家・ホーム)
ご芳志の御礼

★今宿タイムズ過去記事一覧はコチラ★


Comments are closed